テーマ:自然

GALLERY 3460   Vol.27

【湯島聖堂】 撮影:Canon PowerShot G7 画像処理:Adobe Photoshop 5.5 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

GALLERY 3460   Vol.26

【ginkgo】 撮影:Canon PowerShot G7 画像処理:Adobe Photoshop 5.5 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

GALLERY 3460   Vol.25

【russet-colored】 撮影:Canon PowerShot G7 画像処理:Adobe Photoshop 5.5 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

GALLERY 3460   Vol.21

【spider】 ハエトリグモ 体長7~8ミリ ぴょこぴょこ跳ねるあれ。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 撮影:Canon PowerShot G7 画像処理:Adobe Photoshop 5.5 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

GALLERY 3460   Vol.20

【moth】 こんちゅは。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 撮影:Canon PowerShot G7 画像処理:Adobe Photoshop 5.5 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

GALLERY 3460   Vol.12

【accident】 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 撮影:Canon PowerShot G7 画像処理:Adobe Photoshop 5.5 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

GALLERY 3460   Vol.1

【Canna】 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 撮影:Canon PowerShot G7 画像処理:Adobe Photoshop 5.5 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Monologue♪3460 Vol.19「それでも桜は咲く」

びゅう、びゅう、びゅう! びゅう、びゅう、びゅう! 一斉に鳴るみんなの携帯。 揺れ無し… 不発。初対面で盛り上がる通行人達。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 撮影: Canon PowerShot G7 画像処理:Adobe Pho…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Land Scapes Vol.4「谷川岳 日本一?」

エライお山。 日本一長い川は信濃川、ニ番目は利根川、では各々の分水嶺は? 日本一長い道路トンネルは関越トンネル、では何処を貫通している? 日本一地上から深い所にある駅は土合駅、では何処の下にある? 日本一遭難死者数の多い山は? では世界一は? ●大きなサイズでご覧ください。 htt…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

Land Scapes Vol.3「八ヶ岳 初雪」

6,983日前。 この写真も撮影記録が残されていない。ただハッキリと憶えているのは、10月の初旬、あまりにも早い初雪が降ったということ。現地に着いて日が昇るにつれ、周りが粉砂糖を振りかけたように化粧されているのに感激をしたこと。清里駅前の坂は、チェーンを掛けなければ登れなかったこと… 連番参考カットの気動車、国鉄色にJRマーク…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Land Scapes Vol.2「八ヶ岳 美しの森」

怪しい記憶。 カラーは撮影データが残っていない。 長い間モノクロのサブ程度に撮っていたから。だから、モノクロの記録をひも解けばなんとか分かる。それでも手掛かりが無いと言うことは… 最後のモノクロ記録が'94年11月、被写体から翌'95年の秋以降ということになる。あとは記憶、クルマを自家まで取りに行った。実家からクルマを現住所に移し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Land Scapes Vol.1「谷川岳 一ノ倉沢」

紅葉撮りに、いつだったかな? きっかけは、私がその2~3日前に一ノ倉沢に行ったが雨。それでも面白いのが撮れたし、紅葉は今がピークなる話をしたあたりだろう。平日にもかかわらず夕方までに戻ればと、仕事場のオーナーさんと徹夜明けにちょいと気分で出掛けてしまった。クルマが確かノマドだった。レガシーに変えて10年と言うからそれ以前、多分 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Monochrome Image Vol.18「道」

独り行く。 この道の向うには駐車場があって、バス停があって、売店があって… 分かり切った場所に戻るだけのことが、 独りで行くと妙に遠く、心細く感じたりもする。 意味無くわき目も振らず足早に。 あれから15年、今でも後で振り返り、いつもちょっと後悔。                      …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Monochrome Image Vol.17「花子のいる風景」

高原の地雷原!? 花子は優しい牛です。皆で撫でてあげてください。 確かそんな札が掲げてあったような記憶がある。 12時方向へ進出、最短距離… ! 糞の山に阻まれる。臭い。 9時へ旋回… ! 糞の山を跨ぐ。臭い。 3時へ旋回… ! 糞の山接近。臭い。 1時へ進路変更… ! かろうじて擦り抜ける。臭い。 近づくにつれ、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Monologue♪3460 Vol.7「和 食」

生卵がキーパーソンだな、 早すぎると、卵かけご飯一色になってしまう… 納豆でひと口ふた口、海苔も今のうちだ。 おっと! 味噌汁忘れてた。 もうひと口、納豆で… そろそろ卵、余った納豆ごと全部かけてやれ! ザクザクになってしまった… するするだ、空しい… 海苔も余ってしまった…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Monochrome Image Vol.16「ウチまで350km」

放浪撮影旅行の終わり。 ウチをふらっと出て5日。 フィルムも、お財布の中身も残り少なくなり… 会社を辞めた今後のことも、ちらほら脳裏をよぎるようになって来て… 帰ろうかな~? 小市民だね~ などと自問自答。 ま、現像も楽しみでそれもあるし、 海鮮ラーメン食べて、一般道で東京まで約350km。 のんびりと帰りますか… …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

Monochrome Image Vol.15「うみ もみじ」

放浪撮影旅行、対決! 松島。 三脚を担いでぶらりぶらり。 湖のような海… 入り組んだ地形にチャプチャプと寄せる波音。 時折、遊覧船の起てた航跡がリズムを乱す。 沢山の松に紛れて、鮮やかさをいっそう増すもみじ。 撮れるものかと挑発する水面のギラつきと半逆光… ふぅん… 軟調タイプのフィルムを減感で水現像… 受けて立とう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Monochrome Image Vol.14「まつかぜ」

放浪撮影旅行、松島へ。 夕刻に遠野を発ち、宿を探すか迷いつつ釜石で太平洋に出る。 南下して松島へ…深夜着、結局車中泊。 数時間後、寒さに起されフロントガラスを染める暁に目を見張る。 隣はファミレス、マウンテンパーカーを羽織りとりあえず… 薄いコーヒーが飲みたい… 今日はどんな風景が釣れるかな?             …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Monochrome Image Vol.13「写し止められない時間」

放浪撮影旅行、ゆるゆる遠野。 大上段に構えてしかし緻密、時間を一瞬にして止めてしまうような アンセル・アダムズ氏の風景写真。 妙義も、吹割りも、蔵王も、そんなイメージを真似て来たが、 遠野は何か違う。 誰もいない風景のなかに、民話の中の神様? 妖怪? いやいや、それを伝えてきた人達の気配が、ゆるゆると写り込む。 どんな…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

Monochrome Image Vol.12「かっぱぁ~、見ぃ~たの!」

放浪撮影旅行、遠野へ。 蔵王を降り、さらに北へ… 北上で一泊。翌朝、遠野へ。 山に囲まれた田畑、はざかけ、あちこちでたなびく煙… 柳田国男、宮沢賢治、民話のふるさと… 有名スポットの河童淵、一人占めしていると 目の前の農家から、ブレジネフのようなお爺さんが出て来た… 誰なのか察しは付いた… 河童淵の名物「河童爺さん(初代…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

Monochrome Image Vol.11「太陽系第三惑星」

放浪撮影旅行、誰もいない蔵王。 こちら蔵王エコーライン通行止め地点、 左にさらに登れそうな林道があります。どうぞ~ 「△☆※Ω▼♀○←●▽♭?」 ~了解。進んでみます… 舗装路が砂利道に変化、 大きく迂回しつつも確実に登っているようです。どうぞ~ 「◎※*○☆♂◇→▽♭□∩∞★△?」 ~了解。前方に蔵王エコーラインを発…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

Monochrome Image Vol.10「秋半分」

放浪撮影旅行、宮城蔵王へ。 吹割の滝から金精峠を抜け奥日光へ… 渋谷の駅前パフォーマンスで買った、フォルクローレのカセットテープ、 車窓の風景に妙にマッチしている。 日光に立ち寄った後、東北自動車道、一気に仙台まで。 翌日、宮城蔵王へ。梺は紅葉がピーク。 エコーラインはすでに冬季閉鎖のはず。 対向車なし、行けるところま…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

Monochrome Image Vol.9「東洋のナイアガラ?」

放浪撮影旅行、吹割の滝ぼちぼち。 天然記念物で、高さ7m幅30m余… も、あるので… 東洋の… ナイアガラ… らしい…。 2階建て位の高さ、走れば5秒位?の距離の、ナイアガラ… 滝に背を向けて撮った、この風景の方がいいぞ。 それより「お土産大作戦」…行政指導…しなくていいのか?                   …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Monochrome Image Vol.8「お土産大作戦」

放浪撮影旅行、吹割の滝へ。 山道のカーブ、俄かに賑わう土産屋数件。 客引き合戦… 無料駐車場? 但し、土産引き換え券購入のこと… ここは観光地、吹割の滝。 滝を見たくば土産を買え…か? 仕方なく、自然薯を購入。 妙義から草津、沼田を抜け、金精峠に向かう途中で…                      '93年11月、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Monochrome Image Vol.7「偽りの色」

放浪撮影旅行、いまだ妙義。 茶色をオレンジ色や黄色に想像して見る、関東平野の紅葉。 モノクロなら、フィルターでこんなにキレイに写ります… いや、騙せます。 しかし、それが楽しいのがモノクロ写真でもあり… まあ、嘘も方便。 お好きな色を想像してご覧ください。                      '93 11月、妙義…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

Monochrome Image Vol.6「果ての奇岩」

放浪撮影旅行の始まり。 関東平野の果てに、唐突にそびえ立つ八重歯のような奇岩。 アンセル・アダムズ氏を知って間もない頃から撮り始めた被写体、妙義山。 会社を辞めて気持ちに余裕の有るうち、 機材をクルマに積んで、気の向くままに出掛けた放浪撮影旅行。 1993年11月初旬。先ずはここから… ●大き…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Monochrome Image Vol.5「三角定規の街」

ウチは何処? あなたは誰? 最寄り駅からバスで20分、深夜ともなればタクシーしかない。 どう説明すればよいのか、グルグルと走り回ってやっと見つけた我が家。 お土産のすし詰めをぷらぷらさせ、千鳥足で玄関まで辿り着く… 「たっだいま~♪ ヒクッ! 帰りましち~ お寿司だよ~ん♪ ヒクッ!」 知らない奥さんが、怪訝そうな眼差し…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

Monochrome Image Vol.3「牧場の道」

夕暮れ、伸びる影。 2年目の美ヶ原 '93年、やはり8月。駐車場から約3キロの王ヶ頭まで徒歩、レストハウスでジンギスカンを食べ、来た道を戻るという単純な行程。 牧場の道には路線バスが運行されていて、夕方の終バスで観光客が消えた… 心細いような美味しいような不思議な時間。どこまでも続くフェンスの果てに置いてきた、自分のクルマまでが…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

Monochrome Image Vol.2「夏雲」

暑い日、見た雲。 '92 8月、長野県 美ヶ原。駐車場から小諸方面を見ると沸き上がる積乱雲が… 雲をメインに撮る…それまであまり意識しなかった雲も、アンセル・アダムズ氏の作品に出会って以来、何度となく主役になった。 ●大きなサイズでご覧下さい http://sunshiro.at.webry.info/album…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アルバム GALLERY 3460 リニューアルオープン!!

もう一度、アンセル・アダムズごっこ。 自家製モノクロ写真を始めたのは18才位…まあ、面白半分で。でもカラーがメイン、モノクロはとりあえず程度。それが20代半ばで逆転してしまった。 仕事で出会ったアンセル・アダムズの作品集、ハマリにハマって以降10年近くモノクロ全盛期が続く…上高地に行き始めたのもこの頃から。35ミリカメラで大判カ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more